本日もご訪問ありがとうございます。

せっかくの連休初日…

は、雨[雨]

しかも“今年一番の冷え込み”ときている[もうやだ~(悲しい顔)][たらーっ(汗)] 寒がりの私には辛い。

でも、でも、気持ちは期待と興奮で燃えていた〜[るんるん]

お昼少し過ぎ、向かった先は、先日リニューアル工事が終了し、レトロな駅舎が復活した東京駅。

23日ブログ1.jpg 

の向かいの丸ビル。

23日ブログ2.jpg 

こちらの35階のレストランで、卒業後30年にして初めての女子オンリーの同窓会があったのです。

同じ学部の同期の女子は47名。

そのうちの18名が参加しました。

私が行っていた大学は全国から学生が集まるのです。

で、ほとんどの人が卒業後は地元に戻って教員になる。

なので、今回も遠くは宮城、島根、徳島、長野、大阪、愛知から駆けつけてくれました。

まぁ、客観的には変わっているのでしょうが(見た目ね…)、会った瞬間のお互いの第一声は「変わらないね〜!」でした。

そして話は大変だった実習のこと、寮生活のこと、恩師のこと等々…とりとめもなく続いたのでした。

[右斜め下]当事者以外は興味ないであろう集合写真[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

23日ブログ3.jpg 

おばさんパワー炸裂です[爆弾]

ここで一人だけご紹介しちゃいます。

同期で何と言っても一番有名なのはこちらの方。

23日ブログ4.jpg 

ある種目でオリンピックの銅メダルを獲得しております[ぴかぴか(新しい)]

そして今は大学教授であり、ナショナルチームのコーチ。

昨日ドバイの遠征から帰国し、明日メキシコの合宿へ向かうそうです。

実は…

選手もコーチもドバイから直接メキシコへ行く予定だったのですが、今日の同窓会にどうしても彼女が出なくてはならないので、一旦選手共々帰国したんですって!

ははは。ナショナルチームをも動かす最強の同窓会でした[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

丸ビルはもうクリスマスの装い…

23日ブログ5.jpg 

楽しかった同窓会を終え、雨の上がった外へ出ると…

23日ブログ6.jpg 

トワイライト東京駅[ぴかぴか(新しい)]

23日ブログ7.jpg 

次回は4年後。

今後はオリンピックイヤーに開催することになりました。

元気でまた会いたいなぁ。



そして明日は…

23日ブログ8.jpg 

このコらとお出かけ。

23日ブログ9.jpg 

今週のメインイベントです。

明日もパワフルに頑張ろうっと[わーい(嬉しい顔)][手(グー)]



ランキングに参加しています。クリック、お願いしま〜す! 
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


 やっちゃんさんへ 

コメント欄になかなかお返事が書けないので、コチラで失礼しますね。
愛犬の柴ちゃんが緑内障を患い、義眼手術を受けさせたとのこと。
しかも、術後散歩も怖くて上手く歩けないとのこと…ご心配ですね。
義眼手術の後の犬たちの反応は様々なようです。
実は我が家のミッチー、かなり図太い神経の持ち主で、手術翌日の退院の日、自らの足で
トコトコ歩いてきて(両目が義眼になったので全盲)、病院の周りを散歩し、オシッコを
してから車で帰宅しました。
もちろんその日からごはんもしっかり食べました。
エリカラはうっとおしいようでしたが、アチコチにぶつけながらも散歩しました。
逞しいコなんです。
ところが、お友達のあーく君(ミッチーと同じ年で、ほぼ同時期に緑内障によって両目とも
義眼になりました)は、退院後3日間はお散歩どろこか飲まず食わずの状態だったようです。
もちろん今はとっても元気に暮らしています。
義眼手術(片目だけですが、残された目も視力はありません)を受けた別の柴ワンコちゃん
は、やはりしばらく辛そうで、なかなか目を開けることもできなかったそうです。
このコも今は元気に過ごしています。

ミッチーが一番辛かったのは目尻を縫っていたことによる痒みのようでした。
エリカラがあるので掻くに掻けず、キューンと鳴くことはありました。
でも、抜糸(2週間後)が終わった途端その痒みから解放され、すっかり元気になりました。

と言うことで、犬の性格によって随分手術直後の様子は異なりますが、
共通して言えるのは、どのコもエリカラが取れる頃にはすっかり元気になっているとい
うことです。
犬の能力は想像以上。鼻と耳の感覚をフルに活かして視力を補います。
ですから、やっちゃんさんの柴ちゃんも少しずつ見えない世界に慣れ、
元の元気さを取り戻すはずです。
お散歩中はぶつかって怖い思いをしないよう、優しくリードしながら慣れさせてあげてください。
食欲はあるようなので、きっと近いうちにやっちゃんさんが驚くほどしっかり歩けるようになると思います。
緑内障と闘ってきたブログのお友達が何人かいますので、疑問、質問があれば聞いてください。
そしてコメントを見た多くの人が、ミッチーやあーく君に送ってくださったエールを今はやっちゃんさんに送っています。
愛犬と一緒に乗り越えてくださいね。
私も応援しています。