本日もご訪問ありがとうございます。

ハツユキソウが秋の風に揺られていました。

9日ブログ1.jpg

今日はこのハツユキソウと同じくらい“白い”御老公様を病院へお連れしました。

ブログを通じて知り合い、仲良しの健斗家に引き取られる事が決まった御老公様、

こちらにいる間に健康チェックとシャンプーを済ませておくことになったのです。

ボランティア仲間のKさんが先日手術を終えた犬の抜糸に行くというので、便乗させてもらうことにしました。

9日ブログ2.jpg

金曜日に会った時は元気だった御老公様ですが、シェルターに行くと代表がゆっくり歩かせながら様子を見ていた。

聞けば突然足下がおぼつかなくなり、ヨタヨタしてしまったとのこと。

ごはんも全く食べなかったらしい…

心配だぁ[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

でも、病院へ行く日だったのは不幸中の幸い。早く診てもらいましょう!

車なんて不慣れだと思うのに、助手席の私の足下で静かにしていてくれました。

9日ブログ3.jpg 

向かった先は「湘南動物愛護病院」。

9日ブログ4.jpg 

猫の里親探しに熱心な病院で、UKC JAPANの活動にも大変理解があり、治療が必要なシェルターのコたちはこちらの病院でお世話になっています。

我が家はかかったことはありませんが、存在は知っていました。

miw@さんの愛犬あーく君は予防接種をこちらで受けているそうです。

ミッチーをはじめ、貫太も病院を怖がり、待合室では震えて落ち着かなくなりますが、

御老公様は平気でした。

9日ブログ5.jpg 

他の犬の飼い主さんに「おとなしいですね」って褒められた程[わーい(嬉しい顔)][るんるん] うひ 

しばらく待っていると「UKCさ〜ん!」と呼ばれました。

では、通院の様子を動画でご紹介します。


目が回り、気持ちが悪いのに、御老公様、よく頑張りました。

9日ブログ6.jpg 

フィラリアが陽性だったのは本当に残念です。

9日ブログ7.jpg 

御老公様の顔の近くに手を持っていくと、一瞬「ビクッ」とすることがあります。

代表は「こういうコは叩かれていた犬だ」と言います。

そして歳を取ったから捨てられてしまった可能性が高い犬。

これまでちゃんとフィラリア予防なんてしてもらっていないのかも知れません。

御老公様はどんな暮らしをしてきたんだろう?どんな風に扱われてきたのだろう?

愛犬として可愛がられていたのだろうか?

そんなことを思ったら涙が溢れてきました。

めまいがして気持ちが悪いのに、私が撫でると可愛い顔でこちらを見てくれた御老公様…

愛しくて、可愛くて、涙が止まらなかった…

9日ブログ8.jpg 

シェルターに戻るとちょうどお昼休み。

今日はボランティアさんの数が多く、何とB棟までお散歩とお掃除が終わっていて、午後はD棟を残すのみとなっていました[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

残っていたボランティアさんと代表が御老公様を温かく迎えてくれ、そして心配してくれた。

必要ならまた病院へ連れて行ってくれるし、点滴はシェルターで代表がしてくれると言う。

確かにシェルター生活は不自由だけど、ここには愛が溢れている。

里親さんの元へ引き取られていく犬たちは幸せ。でも、残っている犬たちだって決して不幸ではないのだ。


* 今日のミッチー*


朝方涼しかったので、サークルで寝ていました。お布団ふかふかよ〜ん[揺れるハート]

9日ブログ9.jpg 


そして貫太。

9日ブログ10.jpg 

お尻に届くの…

9日ブログ11.jpg 

ペロッ。

ミッチーは絶対無理っ[あせあせ(飛び散る汗)]

9日ブログ12.jpg 



シェルターから帰って、少々辛い報告を健斗君のお母さんにメールでしました。

「こんな風に病気があることがわかっちゃったけどいいかな?」って念のため聞いたら、

「気持ちに変わりはありません。御老公様には余り時間がない。1日も早く引き取りに行きたい!水戸で出来る限りの通院をします」との返事がきました。

涙が止まらないよぉ…[たらーっ(汗)]


クリック、お願いします。 
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村