春の嵐?

21日夜ブログ1


午後になって、

一段と雨&風が強くなってきた湘南地方です。

貫太はカッパでお散歩。

あんは…行けるかなぁ?


さて、

明日は貫太の歯の手術の日。

朝、絶食させて、9時に病院へ届けます。

手術は午後からで、麻酔から覚めるのが3時ごろ。

お迎えは6時の予定です。

体調によっては、1泊入院する可能性もあるとのこと。


21日夜ブログ2


今日は、貫太の診察結果をお伝えします。

金曜の初診の日、

あらかじめ問診票に書いていた気になる箇所を中心に

歯の状態を目視で診察してもらいました。


21日夜ブログ3


この時点で、色が変色していて、

歯周病が進行している歯が何本かあることは明らかでした。


21日夜ブログ4


その後、貫太は奥のレントゲン室に連れて行かれ、

夫と私は、待合室で待機していました。

奥から貫太の鳴いたり、叫んだり、脅したりする声がしてきやしないか、

それだけが気がかりでしたが、幸い、病院内は終始いたって静かでした。


21日夜ブログ5


20分ほどして、看護師さんに連れられて貫太が戻って来て、

診察室で先生から検査結果を伺いました。

普段目にしている部分の歯は、案外綺麗なのですが、


21日夜ブログ6


レントゲンで歯、歯茎、歯根の様子を調べ、

歯周ポケットの深さをチェックした結果、

歯の動揺が大きく、歯周ポケットが深い歯が何本もありました。


21日夜ブログ7


その中には、食べ物を噛むのに必要ない歯もあり、

それらは抜歯した方がいいとの事。

問題は、食べるのに必要で、状態が良くない歯をどうするか…

でした。


21日夜ブログ8


推定年齢13歳の貫太ですから、

この先、残した歯の状態が悪化した場合、

安心して麻酔がかけられるとは限りません。

でも、毎日ちゃんとごはんが噛めるだけの歯は残してやりたい。

なので、麻酔をかけた状態で更によく調べて、

将来的に痛みが出たり、トラブルを起こす可能性が高い歯は、

全て抜いていただく事にしました。

1本、噛むのに必要で、

片方の歯根の状態が悪く、もう片方の歯根はそれほどでもない歯がありました。

相談の結果、その歯は半分に切断し、状態のいい部分を残すことにしました。

歯茎の縫合という作業が必要となり、麻酔時間も長くなるので、

「料金は高くなります」と言われましたが、

貫太の今後の生活のクオリティーを考え、お願いしました。


21日夜ブログ9


診ていただく前は、

私も触って確認できた、グラグラした歯と、

それ以外でも、

歯周病の進んでいる2、3本の歯は抜かなければならないだろうと思っていたのですが、

結局、大・中・小、合わせて9本もの歯を抜くことになりました。

で、私はショックを受け、落ち込み、凹み、

貫太に申し訳なくて、泣けてしまったのです。

皆さんに励ましていただき、気持ちは立て直せましたが、

ミッチーの緑内障とは違って、

私がもっとちゃんとケアしてやっていれば、ここまで悪くはならなかったはず。

それをしてやれなかった事が悔やまれてなりません。


21日夜ブログ10


でも、いつまでも落ち込んでいても仕方ありません。

明日、最善の処置をお願いし、

その先のケアを、後悔しないよう、貫太と一緒に頑張ります!

皆さんの応援に心から感謝です。


よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

貫太&あんは2つのランキングに参加しています。
をポチッと押して、応援していただけたら嬉しいです。


人気ブログランキング


ありがとうございます♡