落ちる前の、母屋の梅。


10日ブログ1


丸々太った立派な梅は、

既に足元に(涙)… しくった〜



さて、

ブログにお越しくださる皆様は、当然ご存知でしょうが、

我が家の犬たちは全員訳あり(笑)。

亡きミッチーは、夫の親戚のブリーダーから購入した犬ですが、

緑内障を発症し、全盲となりました。

貫太は、福島第一原発の事故により飼い主とはぐれ、

J-Taz'sアニマルシェルターで保護されていた被災犬。

亡きタロ兵衛も、同シエルターに連れて来られた高齢の飼育放棄犬。

そしてあんは、板橋の犬たちさんで保護されていた、障害をもつ捨て犬でした。


10日ブログ2


ミッチーが緑内障を抱えていた事と、

犬嫌いであった事から、

我が家に保護犬を迎えるなんて、想像もしていませんでしたが、

東日本大震災の後、J-Taz'sアニマルシェルターへボランティアに行ったのをきっかけに、

以後、3匹の保護犬の里親になりました。


10日ブログ3


以前と比べ、

「保護犬を迎える」って事が、

選択肢の一つとして認識されつつある気がします。

(保護活動をしている方からすれば、「まだまだ!」って思うかもしれませんが…)

私は、貫太、タロ兵衛、あんという3匹の元保護犬と過ごしてきて、

日々小さな幸せを感じさせてもらっているので、

多くの保護犬、保護猫たちが、里親さんと巡り合い、

犬や猫たちも、そして、迎え入れた里親さんたちも、

幸せになってもらいたいって思っています。


10日ブログ4


ただ、

誤解を恐れず、敢えて言わせていただくなら、

(動物に罪はないものの)保護犬、保護猫になってしまったのには、

それなりの背景があったりもする訳で、(全て人間の事情だけど)

そのせいで、思っていたのと違う性格や行動をとるコもいるのです。

愛らしい(自分で言うか⁈)笑顔を見せる貫太ですが、

ストレスを感じると、こんな表情に豹変する事が今でもあります。


10日ブログ5



あんは、

人が大好きで、人に対して怒ったり、唸ったりは一切ありませんが、


10日ブログ6


知らない犬には厳しい態度をとります。

リードで制御しないと、無鉄砲に向かって行き、噛み付くかもしれません

なので、ドッグランで他の犬と遊ばせるって事はできません。

後ろ足が不自由なので、お散歩は車椅子です。


10日ブログ7


でも、

私は、そんな貫太とあんの性格を、「魅力の一つ」と捉えています。

直せるものなら直したいけど、

多分無理。

なので、時々変になる貫太も、犬嫌いのあんも、

人様に迷惑をかけたりはしないので、2匹の性格を「個性」として受け入れ、

愛していきます。

…という私に、「全国の保護団体紹介サイトを作りました」という連絡を、

Myドッグフード管理人のmopさんからいただき、

「犬を飼おうと考えている方に、里親という選択肢もあるという事を伝えたい」

という趣旨に賛同したので、

こちらのブログでもご紹介することにしました。

mopさんが運営しているそのサイトは、コチラです。

そして、右カラムに、板橋の犬たちさんと一緒にリンクを貼ることにしました。

保護犬、保護猫の里親になるにせよ、

ペットショップやブリーダーから迎えるにせよ、

私は全て「縁」だと思っています。

「社会のためだから」とか、「保護犬、保護猫を減らしたいから」とか、

「かわいそうだから」と思っても、ご縁がなければ上手くいかない事もあります。

それは、譲渡する保護主さん側の見極めも大事で、

双方でご縁がつながれば、里親さんも、保護主さんも、保護犬、保護猫たちも、

みんなが幸せになれると思うのです。

で、その「ご縁」ですが、

私は、「天から降ってくる物」とは考えていなくて、

それは各自の心だったり、気持ちだったり、環境だったり、タイミングだったりが、

複雑に絡み合って、

全てが上手く当てはまった時に生まれると思うのです。

なので、そんな「ご縁」がつながりそうな時に役立つサイトであったらいいな…

と思います。


10日ブログ8


後から振り返ると、

ミッチー、貫太、タロ兵衛、あんとの出会いは、

そして、妹の愛猫ななことの遭遇は、

「そういう縁だったのね…」って、しみじみ思う訳です。


あは、今日の記事は超真面目に書きました〜。

(少々疲れた

最後までお読みくださり、ありがとうございます。




にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 

ミカンタロ&あんは2つのランキングに参加しています。
をポチッと押して、応援していただけたら嬉しいです。

 
ペットランキング 




ありがとうございます♡