この白い可憐な花は、大根の花 

11日ブログ1


お義母さんの畑で、冬の間食べきれなかった大根が、

花を咲かせてしまいました。


そしてこちらは花蘇芳(ハナズオウ)。

11日ブログ2


葉っぱが出るより先に花だけ咲かせるのは、ソメイヨシノと同じですね。



さて、10日火曜日、私の母が病院を退院し、新しい施設に入所しました。

2月15日深夜に体調を崩し、救急搬送されてから約2ヶ月間の入院生活でした。

3月下旬に療養型の病院へ転院しましたが、母の病気の場合、特別な治療方法はなく、

呼吸を助ける装置を付けてただベッドに寝かされているだけ。

呼吸器の疾患で入院しているので、体力を回復させるためのリハビリプログラムなどの提供はありませんでした。

意識はしっかりしていて、会話もできるのに、ただただ寝かされているなら、

やがて寝たきりになり、刺激もないから認知症も進むのではないか…と心配になり、

妹と受け入れ施設を探し、やっとの事で今回入所できました。


年齢を重ねると、色々ありますねぇ。

11日ブログ3


案外元気そうに見える母ですが、

ちょっと面倒な病気みたいで、要介護5まで受け入れ可能な施設なのに、(母は要介護2)

母の受け入れは「要検討」だったみたいで、

「受け入れオッケーを出す施設はほとんどないですよ。ボクはどちらかと言うと反対でした。」と施設の男性看護師さんから言われてしまいました。

「さぁ、寝たきりにならないよう、少しずつベッドから出て生活してもらおう♪」と、

家具なども昨日のうちに搬入して、明るい気持ちで母を送り届けたのに…

なんだか一瞬で暗い気持ちになってしまいました


11日ブログ4


“普通に近い”生活をしてもらいたいだけなんですけどねぇ。


11日ブログ5


これだけ苦労してせっかく入所できた施設ですから、

なんとか日々楽しく、なるべく長く無事に過ごしてもらいたいです。


それにしても…


11日ブログ6


高齢者の受け入れ先問題をこの半年で随分考えさせられました。

誰もが安心して長生きできる社会は訪れるのでしょうか?


11日ブログ7


思わず暗い記事になってしまいました。

明日は訪問診療の先生との面談。

ケアマネージャーさんとの打ち合わせもあります。

新しい生活が軌道に乗るまで、もう少し頑張ります!


11日ブログ9


最後に愚痴をもう一つ。

介護付き有料老人ホームめぐりをし、療養型の病院から施設へ移し、

ホッとして家に帰れば、

我が家の高齢犬が鳴いていた。

「最近寝る時間が長くなった」と感じるタロ兵衛ですが、起きている時間はかなりぐずります。

しかも、声がデカイ。

1日中高齢者(犬も)に付き合っていると、さすがにめげる。

いいストレス発散方法をみつけないとな。




にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

ミカンタロは2つのランキングに参加しています。
をポチッと押して、応援していただけたら嬉しいです。




ありがとうございます。