我が家の3匹の犬たちを紹介します。


* ミッチー *

2002年の海の日、夫の親戚が営むペットショップからやって来ました。

2犬紹介1

子犬の頃から自立心が強く、甘えて鳴くようなことは一度もありませんでした。

幼い時から撫でられるのが苦手。因みに、散歩も嫌いです(笑)。

2犬紹介2

そんな性格のミッチーでしたが、無駄吠えはせず、

嫌な事をされても噛んだりすることは一切ありませんでした。

海まで歩いて30分。

時々散歩がてら出かけたりもしました。

2犬紹介3

夕方の散歩は、毎日近所の公園へ行き、

幼馴染のワンコたちと遊ぶのが日課。

2犬紹介4

大きな病気やケガをすることもなく、

すくすく元気に育っていたミッチーですが、

2犬紹介5

4歳半の時、突然左目に緑内障を発症。

その2年後、右目も緑内障を発症。

8歳半で両目とも義眼となり、光を失いました。

全盲になっても、大らかで、犬嫌いで、偏屈な性格は変わらず、

常にマイペースで過ごしていました。

この写真は全盲になった後のものです。

2犬紹介6

そして、ミッチーが9歳のとき、貫太を迎えました。

最初は貫太が近づいただけで怒っていましたが、そのうち家族として受け入れるようになりました。

2犬紹介7

2014年5月、ミッチーより年上のタロ兵衛を迎えた時は、

ほとんど怒ることもなく家族の一員として受け入れました。

2犬紹介8

先日の6月6日、無事14歳の誕生日を迎えたミッチー。

2犬紹介9

白髪が増え、すっかり“銀柴”になりましたが、

これからもマイペースで頑張ります。




* 貫太 *

2011年3月11日、東日本大震災に伴う津波によって福島第一原発が事故を起こし、

住民が緊急避難を強いられたために、人の消えた町に取り残された柴犬でした。

1LD犬紹介用貫太

4月末、動物愛護団体が放置されたペットたちを救出した際に保護され、

隣町のシェルターで過ごしていました。

1貫太紹介用2

シェルター時代の貫太。

1貫太紹介用3

私がシェルターにボランティアに通ったことが縁で、

2011年10月、我が家に迎えることになりました。

1貫太紹介用4
                               ↑家に来た日の貫太
最初はミッチーにストレスを与えないよう、昼間は庭で過ごし、

夜だけ家の中のケージで寝かせました。

1貫太紹介用5

年齢は不詳でしたが、仕草や顔の毛の色などから2、3歳と推定されました。

1貫太紹介用6

7ヶ月にも及ぶシェルターでの不自由な生活から解放され、

先住犬ミッチーに攻撃性を見せることもなく、夫や私にもすぐに懐いてくれました。

1貫太紹介用7

天真爛漫な貫太ですが、遊びたい盛りに狭いシェルターのケージで我慢を強いられたせいか、

ストレスに弱く、不安を感じると自分の手足を噛もうとする動作(自傷行為のような)を見せることがあります。

1貫太紹介用11

我が家に来て5年目を迎えましたが、未だにその行為は時々みられ、

突然飼い主がいなくなり、シェルター生活を余儀なくされたことの心の傷は深かったのかも知れません。

それでも人や犬を噛んだことは一度もなく、

心やさしい柴男子です。

1貫太紹介用8

今では家の中でフリーに過ごし、

1貫太紹介用9

ミッチーに怒られることもなくなりました。

1貫太紹介用10

女子ワンコ、特に自分にガウガウ言うような猛女が好みというちょっと変わった趣味があり、

家では甘えん坊の可愛い柴男子です。



* タロ兵衛 *


15歳のとき、飼い主が寝たきりとなり、世話ができないからと安楽死させられるところを、

通いの犬好きヘルパーさんによって助けられ、貫太と同じシェルターで保護した老犬です。

1タロベエ紹介用1

保護されるまで、半分外のような場所に置かれた狭いケージに入れっぱなしにされ、

散歩は、犬好きのヘルパーさんが来る3日に1度だったそうです。

そのせいか、シェルターに来た時から左足は大きく腫れていて(獣医師はエコノミークラス症候群による血栓と診断)、目は萎縮して失明、フィラリアは陽性でした。
                            ↓シェルターに来た時のタロ兵衛
1タロベエ紹介用2

性格は大人しく、シェルターでも最高齢の部類に入るタロ兵衛は、

ボランティアさんたちから大切に扱われ、穏やかに過ごしていました。

けれど、そのシェルターが神奈川県から遠く福岡県へ移転することが決まり、

「長旅に耐えられるか心配。行った先ですぐにボランティアさんが来てくれるか心配。」

…と居ても立っても居られなくなった私、

夫の反対を押し切って引き取ることにしました。

1タロベエ紹介用3

可愛いボランティアさんに見送られて我が家へ。

1タロベエ紹介用4

血栓、目の萎縮、フィラリア、心臓、喘息と障害はいろいろあるけれど、

1タロベエ紹介用5

生命力の強いタロ兵衛は、健気に頑張って生きています。

1タロベエ紹介用6
                 ↑目が萎縮しているため、目ヤニの量は半端なく多い。

我が家に来て既に2年余り。

1タロベエ紹介用7

去年の秋には膵炎を起こし、一時危険な状態に陥りました。

1タロベエ紹介用8

それでも、持ち前の生命力を発揮し、

点滴治療を続けながら、

1タロ2

見事復活!

1タロベエ紹介用9

ミッチーと“お達者倶楽部”を結成し、

シニア犬2匹で頑張っています。

1タロベエ紹介用10

今年2月には前庭疾患も発症し、

一時歩けなくなりましたが、それも約1ヶ月で克服。

1タロベエ紹介用11

めでたく18歳の誕生日を迎えることができました。

1タロベエ紹介用12

最近は足腰が少し弱ってきて、以前のような長時間のお散歩はできなくなりましたが、

食欲はまだまだ旺盛♪

目指せ19歳!20歳!!のご長寿ワンコです!



以上が我が家の3柴の略歴です。

これらのバックグラウンドを踏まえたうえで、これからの「柴っ晴れ!家族」の日々におつき合いいただけたら幸いです。


 
 「読んだよ〜!」の印にポチッとしていただけたら嬉しいです 

 にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 

こちらもお願いします♪ 
犬ブログ広場へ



更新通知が届くんだって〜