午後から晴れました〜


31日ブログ1


明日?明後日??

関東も梅雨明けしそうです Good! 



さて、

先日は貫太の動画が紹介された番組を見てくださって、

ありがとうございました。

東日本大震災、そして、福島第一原発の事故から10回目の夏を迎えています。

数多ある動画の中から、福島被災犬の貫太の動画に目を留めてくださり、

編集して、番組内でご紹介くださったNHKの制作スタッフの方々にも

感謝しています。

我が家に来た頃の不安定な時期、7ヶ月過ごしたシェルター、

そして、すっかり我が家の犬となり、夫に甘える姿を上手くまとめてくださいました。

これは、2011年11月の貫太。我が家に来て3週間後くらいの時です。


31日ブログ2


何歳に見えますか?

茶色の毛が目の下辺りまであるし、ヒゲは全て真っ黒。

顔つきもまだ幼いので、2歳くらいかな…って私たちは判断しました。

犬嫌いのミッチーが家の中にいたので、昼間は庭で過ごしていて、(夜は家の中)

塀の外を誰かが通ると、嬉しそうに覗いていました。

体重は当時10.5kgほど。

人懐っこくて、ちょっとビビりで控えめな性格。

そんな2歳くらいの柴犬を残して避難し、迎えに戻ることが出来なかった福島の飼い主さん、

あの番組を見て、「ウチの犬かも!」、

「残してきた犬が、幸せに暮らしているかも…」って思って、

心の重荷が少しでも軽くなっていたらいいなぁって思います。

また、あの時、泣く泣く愛犬、愛猫、動物たちを残して避難したことに対し、

ずっと辛い思いを抱えてきた多くの飼い主さんの気持ちが、

少しでも楽になったとしたら、嬉しいです。


31日ブログ3


貫太だけじゃなく、


31日ブログ4


10年前、寒川のシェルターで保護されていた、

多くの福島被災犬たちが、


31日ブログ5


素敵な里親さんと巡り合い、

幸せになりました。


31日ブログ6


あれから10年ですから、

虹の橋を渡った多くのワンコ、ニャンコもいます。

そして、今でも福岡のシェルターで過ごしているコたちもいます。

あと5年から7年もすれば、

福島被災犬たちのほとんどが星になってしまうでしょう。


31日ブログ7


でも、

この先もずっと、ずっと忘れてはいけないと思うのです。

あの震災で、そして、あの原発の事故で、多くの飼い主さんとペットたちに

悲しい別れがあったこと。

そして、温かく手を差し伸べ、かけがえのない命を守ってくれた人たちがいたことを。

貫太を通して、そういう事も伝えていけたら…って思った、

今回の番組でした。

ありがとうございます♡




にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 

ミカンタロ&あんは2つのランキングに参加しています。
をポチッと押して、応援していただけたら嬉しいです。


犬ランキング




ありがとうございます♡