本日、午前11時、

タロ兵衛を無事空に送り出すことができました。

20日ブログ1


鉛色の空を、

一緒に見上げてくださったみなさま、

「タロ兵衛、虹の橋の向こうに元気で駆け上がれ!」と祈ってくださったみなさま、

ありがとうございました。

タロ兵衛を送り出す前に、最後にギュッと抱きしめました。

案外重くてビックリ(笑)。

20日ブログ2


ビックリと言えば、

全ての病気や障害が取り除かれたタロちゃん、

空の上から私の顔を見て、「案外優しそうじゃ!」とか思ったかも。

(時々「もうっタロ、いい加減にしなさい!」と怒っていたから)

あるいは、「思ったより歳じゃった…」と驚いているかも(笑)。



さて、今日はタロ兵衛の最後の3日間の動画をアップします。

理由は、

ブログを見てくださっている方には、タロ兵衛がこの世を去ったことをお伝えしたのですが、

YouTubeでタロ兵衛を見て応援してくださってきた方には、まだお伝えできていないからです。

今も「タロ兵衛、頑張れ!」って思ってくださっている方がおられるかと思うと、

なんとしても早くお知らせせねば!

という気持ちになるのです。

タロちゃん、本当に最後の最期まで生を全うしました。

そんな頑張る姿を見ていただけたら幸いです。





実はこの動画を編集していた時に、タロの容体が急変し、

アップする機会を失いました。

でも、最後まで「生きよう!」と頑張る姿を見ていただきたくて、編集をし、

アップしました。


次は、最期の日の様子です。




ここ2、3日の様子とそれほど変わりはなかったのですが、

時々起こしていた引きつけのような、痙攣のような症状がお昼頃3度あり、

全て“気合”で乗り越えていたタロですが、

4度目の発作はそれまでよりも長く、タロの体をさすったりしているうちに、

大きく口を開けて息をして、

それをゆっくり吐き出して…

次の呼吸は、ありませんでした。

「え?ええ?あれっ、息が止まった??」と半信半疑になり、夫を呼び、

2人でタロ兵衛をしげしげと覗き込んでも、

「んん?わからん…」と言ってしまったほど、静かな最期でした。

でも、私は最期の瞬間まで体をさすって、励まして、撫でてやることができました。

やれることは精一杯やったという気持ちと、

生活の全てをタロ兵衛中心に回していたので、ぽっかり大きな穴が空いてしまい、

これまでの癖(買い物に行っても急いで帰る、出かける時間に夫がいるかを確認する、お風呂に入りながら鳴いていないか気にする、などなど)が抜けない事に愕然とし、

そして「ああ、もう全て気にしなくていいんだ…」と思うと、寂しくて涙が溢れます。

また、みなさまから頂戴した温かいコメントとメッセージを読みながら、

嬉しさと悲しさで、ひたすら泣いています。

泣きすぎて頭が痛い(笑)。


それでも、ミッチーやタロ兵衛が頑張った姿や、

犬たちに教えられたこと、お友達やボランティア仲間さんの温かい支えなど、

記事にしてお伝えしたいことがいっぱいあります。

自分のペースでまた更新していきますので、今後ともミカンタロ家をどうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

ミカンタロは2つのランキングに参加しています。
をポチッと押して、応援していただけたら嬉しいです。


人気ブログランキング


ありがとうございます♡