まるで秋のような空…

既にコスモスが咲いていました。

11日ブログ1


今年の夏も暑くなりそうですね。

タロ兵衛を迎えてから5回目の夏を迎えています。


11日ブログ2


当初の目標は、「無事夏を越すこと」でした。

16歳と高齢だったし、いくつかの障害も抱えていたので、暑い夏を無事越せるか心配でした。


11日ブログ3


ところが、

そんな心配などなんのその!

タロ兵衛は、その後、元気に4度の夏を越してくれました


11日ブログ4


ただ、ここ1年くらいでしょうか、

元気は元気なのですが、夜鳴きが激しく、夜中に寝る時間が短くなっていました。

去年の夏頃から「遅番、早番制度」を夫と取り入れ、

夜中の3、4時頃まで私が1階で仮眠しながらタロ兵衛の面倒をみて、

明け方5時頃夫が起きてきて、タロ兵衛の世話を引き継ぐという方法を取っていました。

でも、これだと、どうしても夫も私も寝不足になる。

で、今年の春頃から「当番制」を導入し、当番の夜は朝まで1階で寝て、非番の人は2階でしっかり寝る。

翌日は当番を交代するということにしていました。

ところが…

ミッチーが逝ってしまった頃からかな、タロ兵衛の要求吠えがますますひどくなってきて、

夜や夜中だけじゃなく、昼間も「ワンワンギャンギャン」鳴くようになってしまいました。

静かに寝てくれるのは、昼夜を問わず2時間ほど。

目が覚めると、ごはんを食べたり、水を飲んだりしている時以外はずっと鳴いています。

何か理由があるのだろうと、オヤツを与えたり、散歩に連れ出したり、鼻をかがせたり、

もちろんオシッコやウンチをさせたり…

考えられる事を全てやってもダメな事が多い。

そんな時は仕方なく、鳴かせるままにしていました。(1時間でも、2時間でも鳴き続ける

すると…

遂にご近所から苦情がきてしまったのです


11日ブログ5


結果、私が神経過敏になってしまいました。

タロ兵衛が鳴くと、どうにかして鳴き止ませなきゃならないと焦ります。

涼しい風が吹く日でも、早々に窓を閉めてエアコンに。

夕方は早めにシャッターを下ろす。

鳴き止まない時は、何度でも外へ連れ出す。

でも、オシッコもウンチもしない。

しっかり歩けないからズルズル引きずって、足先から血がにじんだこともあります。

では、と立たせたままでいると、外でも大声で鳴く。

お手上げです

日常生活に支障がでてきました。

寝不足くらいでは済まされない。

タロが鳴く事が心配で、買い物にも行けない。

髪を切りにも行けない。

母屋との会食にも行けない。

で、タロ兵衛のかかりつけの先生に相談に行きました。

鳴くのには理由があるかもしれなけど、理由なく鳴いている可能性もあるとのこと。

安定剤を出していただきました。

これで少なくとも夜は寝てくれる。

ただ、高齢のタロ兵衛、心臓にも障害があるし、

安定剤を飲ませて眠らせたら、そのまま…

という可能性もあると言われました。

でも、このままの生活を無理して続けたら、タロちゃんも私も疲弊して、不幸になる。

と、悩んだ末、薬で眠ってもらうことにしました。

初めて飲ませた夜は、ものすごく緊張した。

これでお別れになってしまうかもしれないと思ったら、怖いやら、申し訳ないやら。

その夜はギュッと抱きしめてから、大好きなパンに包んで薬を与えました。

30分ほどして、タロ兵衛は、スースーと大きな寝息をたてながら眠りについた。

これまでの夜が嘘のように、ぐっすり。

そして13時間後の翌日昼頃、

何事もなかったかのようにタロ兵衛は起きました!!   サスガ! 

ほっとして、胸を撫で下ろしました。

先ず水を飲んで、そしてごはんを食べ、オシッコに行き、オムツの中にウンチをし、

夕方はいつものように公園に散歩に行きました。

起きている時間は、これまでと同じように、ほとんど寝ないで鳴き叫んでいますが、

夜はぐっすりです。

なので、夫も私も2階でしっかり寝られるようになりました。

11日ブログ6


今は、2階のベッドルームにエアコンを入れて、

夫と私がベッドで、貫太はベッド脇の好きな所で、

そしてタロ兵衛は、私が寝ているベッドの隣に置いたクッションの上で寝ています。

おかげで、家族全員寝不足から解放されました〜

ご心配くださっていたみなさま、ありがとうございました。

昼間から夜までの苦労はまだありますが、

夜、薬で寝てもらっている分、起きている間のお世話を頑張ります!


それにしても、

タロ兵衛、すごい!

薬なんてへっちゃら

11日ブログ7


声のデカさも半端ないで〜す。





にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

ミカンタロは2つのランキングに参加しています。
をポチッと押して、応援していただけたら嬉しいです。





ありがとうございます