今日はお彼岸の中日。

涼しくなりました。

23日朝ブログ1


昨日は午前中からポツポツ雨が降り出し、夜はまとまった雨になりました。

それなのに…

タロ兵衛は何度も「シッコじゃ」と鳴き叫び、

その度にオムツを外して、カッパを着せ、ハーネスを付け、私がカッパを羽織り、外へ出し、

オシッコをして戻ったらカッパを脱がせ、ハーネスを外し、全身を拭き、水を飲ませ、

やっと寝たと思ったら、30分後にまた「シッコが出る!」と鳴き出す始末。

雨の中、外へ出してもオシッコを全部出し切れないみたい。

雨が嫌いだからね…

てな訳で、昨夜は午前3時過ぎまでバタバタでした。

今朝はさすがにタロも疲れて爆睡中。

今週デイサービスに行くのを嫌がった母を、先ほどようやく送り出し、ホッと一息ついたところです。

シニアは、人も犬も一筋縄ではいきませんねぇ。

ま、いつかは自分もそうなるのでしょうから、寛大な心で対応するしかありませんが、

修行の足りない私は、ついイライラしてしまって、後で反省です。



でも、今週は嬉しいニュースがJ-Taz's アニマルシェルターから飛び込んできました!

貫太とタロ兵衛が保護されていたシェルターです。

23日朝ブログ2


隣町にあったシェルターが福岡に移転してから早3年。

顔なじみの犬たちも少なくなっていました。

めでたく里親さんの元へ巣立って行ったり、高齢のために虹の橋を渡ったり…

そんな中、私が大好きだった“紐付きコロ”はずっとシェルター暮らしが続いていました。

“紐付き”というのは、首回りを触ろうとすると、警戒して噛んでくるので、リードをつけっぱなしにしていたからそのような呼び方をされていたのです。

小柄で、見かけは可愛い柴犬ですが、警戒心が強く、飛びかかって噛んでくると言われていました。

でも、私は「怖い!」と思ったことがありません。

へなちょこボランティアで、危険な犬は余り扱えなかった私ですが、なぜかコロは最初からOK。

ボランティア心理の「あるある」だと思うのですが、

他の人にはガウガウする犬が、自分にはしなかったり、懐いたりすると、100倍可愛くなる!

私はコロが大好きでした。

でも、誰にでもお勧めできる犬でないことは確か。

柴犬のツンツンした性格や、時にキレたりする性分、ベタベタ可愛がれないところとか、

そういう面を十分理解し、受け入れてくれる人じゃないと上手く飼えないから。

そんな気難しい柴犬コロのことを気に入り、里親となってくれる方が、

遂に、遂に現れたそうです!

その方は、10日間ほどシェルターでボランティア活動をしてくださった方。

ボランティアを終えて埼玉へお帰りになる時、コロも一緒に連れて行ってくださいました。

詳しくはシェルターのブログ、コチラコチラの記事をお読みください。

23日朝ブログ3


そしてコロの新しい生活が始まりました。

紐付き生活は終わり、里親さんに安心して身を委ねているそうです。

なんと爪切りまでできたとか!!(すげ〜っ!貫太でもできないのに…)

現在の様子はコチラ



コロの事を思い出しながら、寒川シェルター時代の写真を見ていたら、

コロのフォトムービーを作りたくなりました。

23日朝ブログ4
寒川時代


コロ、本当に良かったね。

嬉し涙が出ます。




こんな素敵な出会いが、他のコにもありますように…



今日も“柴っ晴れ!”ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

を押して、ランキング参加中のミカンタロを応援していただけたら嬉しいです。

犬ブログ広場へ
 

Thank you