湘南凹凸柴犬日記

ちょっと訳ありな3匹の柴犬との凸凹な日々を綴っています。

晴天は今日までとか…そろそろ紫陽花が喜ぶ雨の季節が近づいてきました。昨日は、時々麻痺や痙攣発作を起こすミッチーのことをご心配くださり、たくさんのコメントを寄せていただき、ありがとうございました。似たような症状を示すワンコさんたちがいることも、とても参考に

続きを読む

青空に向かってまっすぐ伸びる母屋のゼニアオイです。タチアオイの小さいのかと思ったら、ちょっと違うらしい。さて、連日ご心配いただいているミッチーの体調ですが、先週の日曜日を最後に、痙攣発作も、四肢の麻痺も起こっていませんでした。「一過性のものだったかな?」

続きを読む

母屋のスパラキシスで〜す♡ まるでクレヨンで描いたような色使い。鮮やかですさて、水曜日のこと。午前9時、のんびり寝ていた貫太が夫に呼ばれました。この時間に散歩に行くことはありません。なのにハーネスが出てきたこれは…嫌な予感が!とりあえず逃げるっ!裸足で追い

続きを読む

昨日、5月18日は、タロ兵衛をシェルターから我が家に引き取った記念日でした。当時既に16歳と高齢で、心臓に不具合があり、フィラリアは陽性、左後ろ足には血栓があってパンパンに腫れていた。両目とも萎縮が見られ、全盲。耳もかなり遠くなっていた。「最後は我慢しなくてい

続きを読む

今日は青空に映えるモッコウバラで〜す本当にフォトジェニックな花だと思います。さて、ミッチーに最初の麻痺が出たのは5月6日。その後、5月9日の夕方、痙攣発作を起こしました。サークルの中で変な音がするので見に行くと、布団の上で横たわっていたミッチーの様子がおかし

続きを読む

ご近所のお宅のモッコウバラで〜す逆光で撮ってみました。バックを白くすることで淡い黄色が映えたかな?昨日コメントをくださったひょうたさん、背景をボケさせ、一部を浮き立たせているのは、私の腕ではなく(笑)、カメラです。正確にはレンズと言った方がいいかな。カメ

続きを読む

黄色いモッコウバラです小さい花が集まって、圧倒的な黄色このビタミンカラーに元気をもらっています。一方、こちらは、お義母さんの畑に咲いているアヤメ。鮮やかな紫先日、貫太を連れて写真を撮りに行きました。変な時間(昼間)にハーネスを付けられて、「???」な感じ

続きを読む

少し前の写真ですが、白いコデマリです。奥は黄色いモッコウバラトゲのないバラで、小さな花が可愛らしい♡ 読者の方の中にも、育てている人がいらっしゃいます。次はモッコウバラの写真をアップしますね〜さて、ご心配いただいているミッチーの体調ですが、歯茎の腫れと、

続きを読む

青空が広がる月曜日真っ直ぐ上に向かって咲き誇るフレンチラベンダーです。歩道わきの花壇。近所の接骨院の先生が毎日コツコツお世話をされています。さて、もうじき16歳になる我が家のミッチーですが、実は1週間ほど前から体調を崩しています。ふらつき、手足の麻痺、嘔吐

続きを読む

本日、日曜日は母の日 お義母さんと、我が母に、ささやかなお礼として、花を贈りました。便乗貫太、贈った花の横で写真だけパチリ。こんな事、犬にしてもらったらウルウルなんだけどなぁさて、昨日の事です。宅急便が届きました。早速中身をチェックしに来た貫太。匂いを嗅

続きを読む

やっと晴れました〜お友達のお家のオオデマリです。バックの電柱が、何故か“東京スカイツリー”に見えちゃう私… (まだ行ったことない)さて、木曜日はmiw@さんが我が家に遊びに来てくれました。もちろん愛犬サリーも一緒でした。笑顔のサリーです貫太と同じシェルター出

続きを読む

木曜日の午前中、雷まで鳴って、雨がザーッと降った湘南地方。昼過ぎには雨も上がり、青空が見えてきた!そんな爽やかな午後、なかなか家を空けられず、ボランティア仲間さんとの交流会にも参加できず、家に引きこもっている私の元へ、「お茶しに行っていい?」とmiw@さんが

続きを読む

ご近所のお宅のゴージャスなバラで〜すお世話が大変なんでしょうけど、こんな素敵なバラが庭に咲いていたら素敵でしょうね。(私には無理っ)我が家のワンコたち、それぞれに広めのサークルが与えられていて、そこにはふかふかのベッドや布団が用意されているのに、なぜか全

続きを読む

寒いで〜す!昨夜から夜中、明け方にかけて雨も風も強かった。おかげで真夜中に一度外に出て、「大雨だ」と認識したタロ兵衛、その後は明け方までオシッコを我慢してくれました。その雨も、この時間(水曜午前10時半)になってようやく小雨となり、お昼には上がりそうです。

続きを読む

GWが終わるのを待っていてくれたかのように、冷たい雨が降り始めた湘南地方です。庭の紫陽花、少しガクが大きくなってきました。今年は早めに咲きそうです。さて、もうじき我が家に来て丸4年が経過しようとしている超シニア犬のタロ兵衛(20歳)。シェルターにいた頃は、静か

続きを読む

↑このページのトップヘ